西日本支部主催「2019年度日本そば大学講座in 京都」

西日本支部主催「2019年度日本そば大学講座in 京都」
【世界屈指の食文化が花開いた古都で!見つけよう、歴史&手打ちそば】

開催の案内

 一般社団法人全麺協が目指す『そば等麺類の食文化を活かした一層の地域振興推進』の社会的意義に強い確信を持ちながら、【世界屈指の食文化が花開いた古都で!見つけよう、歴史&手打ちそば】のキャッチフレーズのもと、古都「京都」で、「知識・技術の習熟度向上」「安全で健康な食品への志向」更に、講座に於ける参加者相互の親睦が一層深まることを目的とします。
 今回は、2日間のそば大学を開催して、1日目は「美味しいそばを打つための提言」と「スカイバスで行く京都市内プチ観光」としたテーマでパネルディスカッションや参加者との懇親会を行います。
 2日目は、一般社団法人全麺協 中谷理事長による全麺協に関する講義のほか、京都大学名誉教授の大西近江先生による「栽培ソバの中国東チベットでの起原とその後の世界中へのソバ栽培の伝播」を含め、そばに関連した「栽培・そば挽き・つゆ・包丁」という一貫した内容で、参加者に興味を持って頂ける企画を用意しました。
 西日本支部会員や全国の会員、そば打ちに興味がある一般の方や学生などが一堂に会して親交 を深める絶好の場となり、地域振興とそばによる食文化の発展に繋がる大学講座となるよう、多くの 皆さまにご参加いただきますようご案内申し上げます。

2019年度日本そば大学講座西日本支部學舎in京都開催要綱
2019年度そば大学案内ポスター

令和元年度 定時社員総会 開催報告

全麺協 第6回定時社員総会が開かれました。今回は社会教育で友好関係にある日本青年団協議会(日青協)から棚田事務局長が出席し、青年団と全麺協は協力し合って地域づくりを進めましょうとあいさつをいただきました。
 中日本支部の原 秀夫さん(信州そばアカデミー)を議長に選出して、今年度の事業計画案などについて活発な審議が行われ、すべて原案通り可決承認されました。定時社員総会の閉会後には、交流会が開催され、全国から集まった参加者は親睦を深め合いました。

1, 期 日 : 令和元年6月23日(日) 午後1時30分 ~
2, 会 場 : 如水会館・2階 (東京都千代田区)

報告書 → 令和元年度 定時社員総会を開催しました!

第6回 定時社員総会

令和元年度 中日本支部 地方審査員審査技術研修会

 石川県野々市市において令和年度(一社)全麺協中日本支部地方審査員審査技術研修会を開催しました。本部より横田段位認定部長にお越しいただき、中日本支部所属の全国審査員8名の協力のもと、50名の地方審査員に出席いただきました。

期   日  令和元年6月15日(土) 10:00~16:00
会   場  石川県野々市市中林五丁目3-22 富奥防災コミュニティセンター
受 講 者  地方審査員50名 (全国審査員8名)

報告書 → 令和元年中日本支部地方審査員研修会報告

令和元年 一般公開そば大学in富山 四段位・五段位認定講習会 開催報告

 一般の方々に和食を代表する「そば」および、「そば打ち」の魅力を伝えるとともに、全麺協が行っている活動を広報するための公開そば大学と、今年度に実施される四段位・五段位認定会の受験を希望している方を対象とした「認定講習会」が開催されましたので、その概要についてご報告します。

開催期日 : 令和元年5月25日(土)・26日(日)
開催場所 : 富山県富山市大手町1-2 富山国際会議場・ホール
受講者数 : 437名(5月25日)
(内訳:一般受講者・99名、四段位講習会受講者・225名、五段位講習会受講者・113名)
後援 : 富山県、富山市、南砺市、(一財)日麺連、(一社)日本蕎麦協会、(公財)日本食品衛生協会、
(株)柴田書店、NPOグリーンツーリズムとやま、(株)チューリップテレビ、北日本新聞社

報告書 → 令和元年 一般公開そば大学in富山 四段位・五段位認定講習会 開催報告

令和元年度 そば大学in富山& 四・五段位認定講習会

一般社団法人全麺協東日本支部 そば打ち技術研修会(四段位受験)埼玉会場のご案内

 入梅の候、皆様にはますます御清栄のこととお喜び申し上げます。平素は東日本支部の運営にご協力いただき誠にありがとうございます。

 さて、6月15日に千葉で同様の研修がありますが応募者が多く受講できない方がいます。
 そこで全麺協そば打ち技術研修会(目指せ四段位)を東日本支部主催で別添のとおり追加開催いたします。
 参加対象の方に周知くださるようお知らせいたします。

 講師と受講生が、真剣にそば打ちについて研鑽し、そばについて語りあい交流を深めます。
 このことを通じて指導者としての見識と四段に向けての技術の向上が図られ、結果的に東日本全体の活性化、レベルの底上げが図れればと考えております。

 定員は36名ですが、オーバーの場合は以下の順で選定いたします。
 1. 千葉会場を申し込んだが受講できなかった方
 2. 千葉会場が日程の都合等で申込をできなかった方
 3. 四段の受験回数が多い方
 4. 受付順

 ※実施要項、申込書は、必要な部数をコピーしてご使用下さい。

 実施要項・埼玉
 申込書・埼玉

台湾・女子高校生「そば打ち体験教室」実施報告

 台湾では「日本そば」に関心が高まりつつある中、台湾から研修のため訪日した女子高校生に「手打ちそば体験教室」を実施しました。台湾では国の教育政策の一環として農業、商業、工業、家政科の部門でコンペが実施され、最優秀者を日本へ派遣する事業を行っています。日本に派遣された生徒は、各分野の現状を研修したり、芸術、文化、技術、歴史等について体験研修します。今回の「そば打ち体験」参加者は、家政科でインテリアデザイン、手芸デザイン、服装制作、服装デザイン、クッキング、メイク等の各分野で最優秀賞を得た、台湾全土から選抜された女子高校生であり、全員が各分野の技能ばかりでなく知的レベルも優れた高校生ばかりでした。

1.開催日時    令和元年5月21日(火) 午後5時30分~7時50分
2.開催場所    東京都台東区西浅草2-8-10 全麺協 研修センター
3.そば打ち指導   全麺協 ・ 加藤 憲、藤間英雄、横田節子、土屋博一、萩原敏彦、
木村佐代子、藤田ルツ、秋谷信一  計 8 名
4.受 講 者     台湾の高校生11名、引率担当台中家商校長・教師3名 合計14名

報告書 → 台湾・女子高校生「そば打ち体験教室」実施報告

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鵜飼名誉師範の手打ちそばのDVD「江戸から受け継がれた手打ちそばの技(わざ)」販売のお知らせ

5月25日~26日富山国際会議場にて開催されました「一般公開そば大学in富山(認定講習会・発表会)」で、鵜飼良平名誉師範が講義「江戸から受け継がれた手打ちそばの技(わざ)」に使用された教材DVDを3,000円にて販売します。茹で方や盛り出しの仕方まで収められた貴重なDVDです。
購入希望者は、申込書にて申込ください。
尚、入金確認後の発送となりますので、ご承知おきください。

DVD申込書

パッケージ

「台湾訪問夏の部 参加者募集」のお知らせ

7月12日~15日に台湾・彰化縣二林鎮を訪問しますので、参加者を募集します。

尚、2019年2月27日付「最新ニュース」に2月13日~16日に訪問しました台湾・彰化縣二林鎮の視察報告が掲載されていますので、参考にして下さい。
台湾彰化縣二林鎮でのそば打ち体験教室とそば事情 視察報告(HTML)

台湾訪問夏の部参加者募集(PDF)

10連休中 全麺協研修センター自由開放のお知らせ

全麺協研修センター開放のお知らせ

全麺協では連休中(4/28~5/6)の10日間、全麺協個人会員向けに研修センターを開放いたします。

場所   全麺協研修センター
東京都台東区西浅草2-8-10 フジコービル5F
時間   午前の部 午前10時~午後1時  午後の部 午後2時~午後5時
使用料  午前の部、午後の部とも1,000円
そば粉等 持ち込み可
研修センターでは販売もしています
そば粉 :400g⇒500円
つなぎ粉:100g⇒100円
打粉  :400g⇒400円
道具   持ち込み可
研修センターはそば打ち道具が揃えてあります。⇒無料貸し出し
打ったそばの持ち帰りケースはご持参ください。

※ 期間中 厨房での茹では出来ません。
※ そば打ち台8台を設置してありますが、スムーズに使っていただくため希望者は全麺協本部まで希望日時を電話でお申し込みください。

  締め切り日4月26日(金)

  連絡先:03-3512-7112

「平成30年度日本そば大学講座西日本支部學舎in三田」3月10日に開催

 一般社団法人全麺協「平成30年度日本そば大学講座西日本支部學舎in三田」を西日本支部そば大学講座実行委員会主管で平成31年3月10日(日)に開催しました。
 「学んで、始めよう手打ちそば、ソバ(栽培)、そば(技術)、蕎麦(歴史)、SOBA(世界のソバ)」のキャッチフレーズのもと講座内容も四講座を設け、いずれも興味深いプログラムと講師陣の構成でした。特に鵜飼全麺協名誉顧問と落合段位普及部長による模範打ちは参加者に分かり易い解説を入れた実演で参加者も興味津々でした。
 西日本支部地域から207名、中日本支部から12名、東日本支部から4名の参加があり223名の参加者が受講しました。
 参加者から好評をいただいたそば大学講座でした。
 お寄せいただいたアンケート結果を「今後のそば大学講座」に反映し実りあるそば大学講座に構築したく考えます。

(文責 前田 青木)

そば大学講座in三田開催報告書
そば大学アンケート結果集約