月別アーカイブ: 2020年1月

初の六段位(蕎士)が誕生しました !!

 このたび、全麺協初の六段位(蕎士)が誕生しました!! 「五段位認定から満5年以上経過している者」との規定から、平成19年開催の第1回認定会と平成22年開催の第2回認定会で「五段位認定」を受けた方を対象に「そば道六段位(蕎士)認定選考会」が実施されました。
 かねてから、五段位以上の段位創設を期待する声があり、「全国認定会専門チーム員会議」で検討を重ね、平成29年度の理事会で「六段位・七段位・八段位認定制度運用要綱」を決定していました。今年度は「実施要領」を制定して段位認定会を実施する準備を進め、「そば道六段位(蕎士)認定選考会」が実施されましたので、その概要についてご報告いたします。

1.期 日 : 令和2年1月26日(日)
2.会 場 : 全麺協研修センター
3.審 査 : 1)技能審査(50分間) 2)面接審査(12分間程度)
4.審査員: 【 技能審査 】
鵜飼 良平 (上野やぶそば 三代目店主)
山崎  憲 (工学博士)
大久保洋子(和食文化国際会議 理事)
【 面接審査 】
中谷 信一 (全麺協 理事長)
千秋  健 (ジャーナリスト)
井上 直人 (信州大学 名誉教授)

報告書 → 初の六段位(蕎士)が誕生しました!

「奉納そば初打ち式」 実施報告 (ふくいそば打ち愛好会)

 ふくいそば打ち愛好会(福井県福井市・田中高二会長)は、1月13日(月・祝)に福井市の中心部にある神社、佐佳枝廼社(さかえのやしろ)で「奉納そば初打ち式」を執り行いました。
 平和安寧と五穀豊穣、健康長寿と会員のそば打ち技能と会活動が更なる精進を祈願することを目的として実施されるもので、ふくいそば打ち愛好会結成の翌年(平成11年)から継続して執り行われて今年で22回目を迎えました。「奉納そば初打ち式」は福井県内では新年の恒例行事として定着し、テレビ・新聞などのマスコミに取り上げられて福井県民の多くに認知されています。
 このたび、ふくいそば打ち愛好会の田中会長から原稿と写真の提供を受けましたので、全麺協会員の優れた実践事例として、その概要についてご報告させていただきます。

報告書 → 「奉納そば初打ち式」 実施報告

ふくいそば打ち愛好会 「そば初打ち式」

令和元年度 第3回理事会 開催報告

 全麺協は全国組織であり、重要事項を審議決定する理事は全国に所在しています。そのため「理事会」の開催には、旅費や会場費など相当な経費が必要となります。また、理事・監事も1~2日の時間を割いて理事会に出席することになり、時間的な負担を負うことになります。
 これらの課題を解決する新たな取り組みとして、第3回理事会が「テレビ会議」によって開催されました。会議の概要や感想など、初めてテレビ会議で開催された第3回理事会の概要についてご報告いたします。

日 時 : 12月12日(木) 午後1時半~ 5時20分
Web会議 : 全麺協本部(キー局)と各理事・監事のパソコンを結んでのテレビ会議
次 第 : 開会あいさつ(中谷理事長)
1.事務局・各部からの報告事項
2. 各支部からの報告事項

【議題】…主要議題のみ
 1.来年度重点項目について
 2.定款の一部改正(理事定数の増)について…支部増加に伴う
 3.支部規約の制定について
 4.会員・会費制度検討委員会の設置について
 5.「(一社)全麺協そば道段位認定制度」への名称変更
 6.段位認定審査員制度の改正について
 7.上位段(六段位・七段位・八段位)認定制度について
 8.六段位(蕎士)認定選考会受験要綱・実施要項について ほか

報告書 → 令和元年度 第3回理事会 開催報告

令和元年度 第3回理事会 開催報告

六段位認定選考会 開催のお知らせ

 12月12日に開催されました「令和元年度第3回理事会」におきまして、六段位認定選考会の開催が下記の日程で決定しましたので、お知らせします。

(1)期   日  令和2年1月26日(日)
(2)時   間  9:00~16:10
(3)場   所  全麺協研修センター 東京都台東区西浅草2-8-10
(4)受験資格者  第1回、第2回五段位認定者
(5)見 学 者  会場が狭隘の為、今回は個人会員の見学は制限させて頂き、次回受験資格を有する第3回五段位認定者に限らせて頂きます

第11回(一社)全麺協東日本支部会員そば打ち交流板橋大会 開催要項

 (一社)全麺協東日本支部は、支部内会員の親善・交流を活発化し、日本の伝統食文化である“手打ちそば”の普及・啓発、さらには、そばによる地域振興を促進し、もって、(一社)全麺協が目指す、日本のそば食文化の一層の向上に寄与するため、11回目となる会員団体によるそば打ち交流大会を開催します。

第11回支部会員そば打ち交流板橋大会要項

令和元年度東日本支部「地方審査員審査技術研修会」の 開催について

 日ごろ、全麺協の事業活動にご支援・ご理解を賜り深く感謝申し上げます。
 さて、下記のとおり東日本支部における令和元年度の標記研修会を開催いたします。
 この研修会は、一般社団法人全麺協「素人そば打ち段位認定制度 認定審査員規程」(平成26年5月17日改正)第4条の規定に基づき開催されるものです。
 全麺協の基幹事業となっている段位認定制度が今後も発展していくためには、段位認定審査の信頼性が不可欠であります。
地方審査員の皆様におかれましては、この研修会を通じて審査精度の向上を図られますようご案内申し上げます。
地方審査員は「素人そば打ち段位認定制度 認定審査員規程」(以下「審査員規程」という)第2条3項第2号「地方審査員の任期は、5年間とし、更新を希望する場合はその時点で手続きをしなければならない。」さらに同項第4号で「前号の更新手続きをする場合は、各支部で開催する「地方審査員審査技術研修会」(以下「技術研修会」という)の研修を5年間で3回以上の受講を終了し、再度活動状況についての書類審査を受けるものとする。」と規定されておりますのでご留意ください。(末尾規程抜粋参照)
 この度の研修会は東京都板橋区で下記のとおり開催します。

R1地方査員技術研修会通知