作成者別アーカイブ: zenmen

平成30年度 四段位認定講習会・開催報告

 平成30年度の四段位認定会受験希望者を対象とした「認定講習会」を開催しましたので、その概要について報告します。四段位認定講習会は全麺協活動への理解を深めるとともに、そばに関する高度な知識習得を図るものです。さらに、全国各地のそば愛好仲間との情報交換を通じて、地域のリーダー・指導者としての資質と見識を高める目的で開催されるものです。

1, 期 日 : 平成30年5月26日(土)・27日(日)
2, 会 場 : 台東区民会館(東京都台東区)
3, 受講者数 : 223名 (平成30年度 四段位認定会受験希望者)

報告書 → 平成30年度 四段位認定講習会・開催報告

平成30年度 四段位認定講習会

平成30年度東日本支部「地方審査員審査技術研修会」の開催について(通知)

下記のとおり東日本支部における平成30年度の標記研修会を開催いたします。
この研修会は、一般社団法人全麺協「素人そば打ち段位認定制度 認定審査員規程」(平成26年5月17日改正)第4条の規定に基づき開催されるものです。
全麺協の基幹事業となっている段位認定制度が今後も発展していくためには、段位認定審査の信頼性が不可欠であります。
地方審査員の皆様におかれましては、この研修会を通じて審査精度の向上を図られますようご案内申し上げます。
この研修会は昨年度は2か所で開催いたしました。
東日本支部は審査員数が最も多く、1会場では会場の確保等の限界と日程上参加できない方、会場が遠隔で経費負担が多くなってしまう方などの理由から、今年度も2か所で開催することといたしましたので、郡山と千葉で開催します。都合の良い会場を選択してください。
また、地方審査員は「素人そば打ち段位認定制度 認定審査員規程」(以下「審査員規程」という)第2条3項第2号「地方審査員の任期は、5年間とし、更新を希望する場合はその時点で手続きをしなければならない。」さらに同項第4号で「前号の更新手続きをする場合は、各支部で開催する「地方審査員審査技術研修会」(以下「技術研修会」という)の研修を5年間で3回以上の受講を終了し、再度活動状況についての書類審査を受けるものとする。」と規定されておりますのでご留意ください。(末尾規程抜粋参照)
なお、全国審査員は審査員規程でこの研修会の受講義務が課せられていませんが、指導的立場から研修会を受講していただきたくご案内申し上げます。

30年度審査員研修会(郡山)通知

平成30年度海外視察のお知らせ(モンゴル)

モンゴル国での第2回
日本伝統手打ちそば祭りinウランバートル
参加者募集

  • 期日/平成30年9月12日(水)~17日(月) 5泊6日
  • 場所/モンゴル国ウランバートル市 アサ サーカス
  • 旅行費用/21万円 ・成田国際空港 (発着)
  • 趣 旨 一般社団法人全麺協は毎年秋に開催される、モンゴル食糧農牧軽工業省と国家開発庁の主催する国家的祭事「モンゴル国秋の縁日」のプレイベントとして「モンゴル国での第2回日本伝統手打ちそば祭りinウランバートル」の開催となりました。
    モンゴル国民の「そば食」への関心と普及をさらに高め、国内における「そば」地産地消への拡大とともに「そばの6次産業化」の育成や両国との食文化を通して友好交流の発展に資する事を目的に実施します。
  • 名 称モンゴル国での第2回日本伝統手打ちそば祭りinウランバートル
    サブタイトル - モンゴル国 秋の縁日と第2回日本伝統手打ちそば祭り
    テーマ -日本伝統健康食の「手打ちそばを見る・食べる・つくる体験」
  • 開催事期日 2018年9月15日(土)~16日(日) 2日間
  • 催事開催地モンゴル国ウランバートル市アサ・サーカス広場・大テント
  • 日 程 9月12日(水) 移動日成田国際空港→ウランバートル空港(50人程度)
    13日(木)移動日( 現地イベント会場準備設営・市内観光)
    14日(金)設営 (現地イベント会場準備設営・リハーサル)
    15日(土)本番 (招待者に手打ちそば振る舞い・一般者に手打ちそば振る舞い)
    16日(日)本番 (一般者に手打ちそば振る舞い・撤収)
    17日(月) ウランバートル空港 →成田国際空港

旅行主催:観光庁登録旅行第1511号 株式会社アイラス (日本IBMグループ)
イベント企画:有限責任会社モンゴル開発グループ
イベント共催:一般社団法人 全麺協

申込書など
☆2018そば祭り パンフレット
☆旅行参加申込書
☆旅行業約款(募集型企画旅行)&特別補償規程  (3)

第1回 そば検定制度・検討委員会 開催報告

今年度の重点方策に挙げられた「そば検定制度(仮称)」の具体的な実施に向けて、第1回検討委員会が開催されました。
「そば検定制度」とは、そばの歴史・文化、栽培・品種、栄養・健康その他そばに関する一般常識についての知識度、博識度の検定を行って、その度合いに応じた資格を付与しようとするものです。そば検定制度を全麺協の新たな事業とするべく、外部の専門家を交えての検討が開始されました。

1, 期 日 : 平成30年5月14日(月) 午後2時 ~
2, 会 場 : 麺業会館 4階・会議室 (東京都千代田区)

報告書 → 第1回 そば検定制度・検討委員会 開催報告

第1回 そば検定制度・検討委員会

平成30年度 定時社員総会・開催報告

 第5回定時社員総会(一般社団法人では法律上、総会を「社員総会」と呼びます)が開かれました。法人化5年目の節目の総会が開催されるということで、友好団体である大韓民国の(社)李孝石文學宣揚会から理事長 河 弘均様以下、3名の方々が出席していただき、来賓として河理事長様からご挨拶をいただきました。
 西日本支部の篠原美文さんを議長に選出して、今年度の事業計画案などについて活発な審議が行われ、すべて原案通り可決承認されました。定時社員総会の閉会後には、交流会が開催され、全国から集まった参加者は交流を温めました。

1, 期 日 : 平成30年5月13日(日) 午後1時30分 ~
2, 会 場 : 如水会館・3階 (東京都千代田区)

報告書 → 平成30年度 定時社員総会が開催されました!!

第5回 定時総会

全麺協直轄事業支援員登録の公募について(お知らせ)

全麺業本部が行う直轄事業を支援する「直轄事業支援員」を公募します。
01直轄事業支援員登録の公募について」と「02直轄事業支援員 編成・運用要項(案)」をお読みのうえ、ご希望される方は「03直轄支援員申込書」に必要事項を記入して、郵送またはFAXにて全麺協本部までお申し込みください。
全麺協本部は提出された「申込書」に従って、年齢、住居、活動状況、認定段位等を確認し検討のうえ、適任と認められる方に対して「04直轄事業支援員指定書」を交付して指定いたします。

01 直轄事業支援員登録の公募について
02 直轄事業支援員 編成・運用要項(案)
03 様式1 直轄事業支援員 申込書
04 直轄事業支援員 指定書(様式)

平成29年度 第2回五段位認定者研修会・開催報告

平成29年度の五段位認定会で認定された32名のうち、受講を希望した26名に対して第2回目の五段位認定者研修会を全麺協発祥の地富山県南砺市利賀村にて開催しました。
この研修会は全麺協活動の理解を深め、そばに関する高度な知識習得と五段位認定者相互の情報交換を通して指導者としての資質と見識を高めることを目的として開催されました。今回は全麺協の発祥の地でありメッカ(聖地)である利賀村を研修会の地に選びました。

1, 期 日 : 平成30年4月14日 午後3時~15日 午後2時30分
2, 会 場 : 富山県南砺市利賀村 そばの館、瞑想の郷、天竺温泉
3,参加者 : 26名(平成29年度五段位認定会合格者)

報告書 → 平成29年度 第2回五段位認定者研修会・開催報告

第2回五段位認定者研修会

第2回「若者が魅力を感じるそば打ち企画」開催報告

第2回「若者が魅力を感じるそば打ち企画」開催報告
(慶応大学商学部・牛島ゼミ生へのそば打ち体験指導と学生から提言を聴く会)

全麺協は『若者に対して日本の伝統食文化の「そば」の魅力を普及浸透させること』を重点目標に掲げています。その一環として、昨年度に引き続いて慶応大学商学部・牛島ゼミの学生36名と連携して、第2回「若者が魅力を感じるそば打ち企画」を開催しました。

1.開催日時  平成30年1月18日(木) 午後3時~午後7時
2.開催場所  東京都千代田区神田神保町2-4 麺業会館2F会議室
3.参 加 者  【全麺協】
         加藤 憲 段位認定事業部長
         関東周辺に居住する五段位認定者の有志10名
         【慶応大学】
         牛島利明 商学部教授
         商学部 牛島ゼミ 3年生・4年生 36名(男性14名、女性22名)

報告書 → 第2回「若者が魅力を感じるそば打ち企画」開催報告

第2回 若者が魅力を感じるそば打ち企画