東日本大震災の被災者支援活動

支援金募金合計金額は、
23件 775,020円でした。
(平成25年3月31日 現在)
ご協力ありがとうございました。
引き続きご協力お願いいたします。

後援イベント  スケジュール

イベント情報

日本そば博覧会

[平成25年8月30~9月1日 北海道幌加内で開催]

日本そば博覧会

平成4年富山県利賀村で開催された世界そば博覧会が全麺協の発足起源となりました。全麺協では組織を挙げて国内そば文化交流の一大イベントとして毎年、日本そば博覧会を開催しています。そば並びにそばに関連する産物、文化財など展示、紹介、販売などを行っています。

日本そば大学講座

[平成25年7月13~15日 北海道砂川市 「砂川市地域交流センター ゆう」開催]

日本そば大学講座

全麺協は、そば等麺類の食文化を活かした地域の活性化に取り組んでおります。その為、日本の各地でそばによる地域振興や、伝統食文化である“手打ちそば”の継承・発展を担うリーダの育成が大切であり、平成17年から全国各地で「全麺協日本そば大学講座」を開講しております。

※「日本そば大学講座」は、四段・五段位認定講習会を兼ねています。

子供そば打ち体験事業

[各地で開催中]

近年、子供たちの「食」に関して、栄養の偏り、食の安全、伝統的食文化の危機、等の問題が生じていることが指摘されています。未来を担う子供たちが、日本の伝統食文化としての「手打ちそば」を体験することは、手作りの食の大切さ、面白さを理解し、食全般に対する興味を持つことが期待されます。

※全麺協A,B会員を対象に、「子供そば打ち体験事業補助金要綱」を定めています。

国内視察研修

[平成26年8月1日~3日 (北海道:雨竜町、北竜町、幌加内町、旭川市)開催]

国内視察研修

国内各地の特色あるそば食文化を視察研修する事業になります。第1回として会津地方を訪れ、第2回として信州地方を訪れ、26年度は、第3回として北海道北空知地方を訪れました。左の集合写真の場所は、幌加内町朱毬内湖畔。

各地のイベント支援

[後援事業のスケジュールはこちらをチェック!→]

各地のイベント支援

全国各地のそばのイベントを支援しています。全麺協会員に呼びかけ、協力して各地の地域振興をお手伝いしています。

被災者支援活動

[募金活動を継続的に行い、寄付を行っています]

「東日本大震災」「福島第一原発事故」などの救済・支援事業を行っています。会員に対して被災者への支援金募金の募集や日本そば博覧会など全麺協関連のそば祭りにおいて、趣旨に賛同する方々に支援金の募集を行っています。 会員所属の多く人達がボランティアとなり、各地の被災地、避難地に出向き、炊き出しとして温かいおそばなどを振舞いました。

国際交流

[各地で開催中]

◎国際交流事業

平成21年度に全麺協と韓国の李考石文学宣揚会が締結した「そば文化交流における友好提携協定書」に基づき、そば博交流事業を行っています。

国際交流

◎海外そば産地視察・文化交流

そば食文化は世界各地にあり、それぞれの地域の特性に合った文化が受け継がれています。会員が日本以外のそば食文化を知ること、さらに、それらの民族との食文化交流を図ることは、日本におけるそば食文化の継承・発展に有意義となるものであります。

海外そば産地視察のお知らせ

► スケジュールを全て見る

Now Loading...