西日本支部主催「2019年度日本そば大学講座in 京都」

西日本支部主催「2019年度日本そば大学講座in 京都」
【世界屈指の食文化が花開いた古都で!見つけよう、歴史&手打ちそば】

開催の案内

 一般社団法人全麺協が目指す『そば等麺類の食文化を活かした一層の地域振興推進』の社会的意義に強い確信を持ちながら、【世界屈指の食文化が花開いた古都で!見つけよう、歴史&手打ちそば】のキャッチフレーズのもと、古都「京都」で、「知識・技術の習熟度向上」「安全で健康な食品への志向」更に、講座に於ける参加者相互の親睦が一層深まることを目的とします。
 今回は、2日間のそば大学を開催して、1日目は「美味しいそばを打つための提言」と「スカイバスで行く京都市内プチ観光」としたテーマでパネルディスカッションや参加者との懇親会を行います。
 2日目は、一般社団法人全麺協 中谷理事長による全麺協に関する講義のほか、京都大学名誉教授の大西近江先生による「栽培ソバの中国東チベットでの起原とその後の世界中へのソバ栽培の伝播」を含め、そばに関連した「栽培・そば挽き・つゆ・包丁」という一貫した内容で、参加者に興味を持って頂ける企画を用意しました。
 西日本支部会員や全国の会員、そば打ちに興味がある一般の方や学生などが一堂に会して親交 を深める絶好の場となり、地域振興とそばによる食文化の発展に繋がる大学講座となるよう、多くの 皆さまにご参加いただきますようご案内申し上げます。

2019年度日本そば大学講座西日本支部學舎in京都開催要綱
2019年度そば大学案内ポスター