月別アーカイブ: 2019年2月

台湾彰化縣二林鎮でのそば打ち体験教室とそば事情 視察報告

 平成30年6月に全麺協 山本 剛 副理事長が会長を務める「備中そばりえの会」有志一行が、台湾台南市にてそば会を開催しました。その際、台湾国内でもソバを栽培して食べていて、「そば」に対する関心が高いことを知ることが出来ました。特に台南市に隣接する彰化縣二林鎮では、町を挙げて「そば」に取組んでいることが分かりました。これを受けて、この地でそばによる国際交流ができないかを調査することと、台湾のそば事情を視察し、一般市民の方々の「そば」の理解や知識度合について調査するため台湾彰化縣二林鎮を訪問してきましたので、その概要について報告いたします。

1.訪問日時 : 平成31年2月13日(水)~16日(土)
2.訪 問 地 : 台湾 彰化縣 二林鎮、台北市
3.訪 問 者 : 中谷信一 理事長、山本 剛 副理事長、加藤 憲 専務理事

報告書 → 台湾そば打ち教室とそば事情視察 報告

台湾そば打ち教室とそば事情視察

永沢寺そば打ち愛好会・設立20周年記念祝賀会 報告

 全麺協会員として草創期の平成10年に加入し、西日本支部の中では中心的な存在である永沢寺そば打ち愛好会(会長:藤井 正、会員数:61名)が、設立されて20年を迎えました。
 これを記念して「記念祝賀会」が開かれ、お招きを受けて出席して来ましたのでその概要などについてご報告いたします。

1.日 時: 2月17日(日) 午後1時30分~
2.会 場: 東天紅 センタープラザ店 (兵庫県神戸市中央区三宮町)
3.出席者: 33名(会員31名、来賓2名)

報告書 → 永沢寺そば打ち愛好会・設立20周年記念祝賀会 報告

永沢寺そば打ち愛好会・設立20周年記念祝賀会

岩手県八幡平市での講演会とそば打ち披露 実施報告

 地域振興部は、「段位認定者空白地域の解消」に取組んでいます。北東北地域は「そばどころ」でありながら、そば打ち段位認定者が極めて少ないので重点地域に定めて働きかけを積極的に行ってきました。このたび、岩手県八幡平市商工会が主催する「経済講演会」に全麺協の中谷理事長が講師として招かれました。
 理事長の講演後には、全麺協の有段者によるそば打ち実演披露と試食会、高校生へのそば打ち指導を実施しました。その結果、当地域における段位認定者の拡大と全麺協活動の展開に大きな手ごたえを感じました。

1.開催日時  平成31年1月30日(水) 午後2時30分~午後8時
2.開催会場  岩手県八幡平市 新安比温泉 静流閣
3.講 師    一般社団法人 全麺協 理事長 中谷信一
立正大学特任教授 鈴木輝隆 (ファシリテーター)
そば打ち実演  加藤 憲、藤間英雄、落合輝美、横田節子、柏倉寛充、五十嵐幸也
4.参加者   地元の方々 約80名

報告書 → 岩手県八幡平市での講演会とそば打ち披露 実施報告

岩手県八幡平市講演・そば打ち披露

公開講座「そば講義&段位認定講習会in富山」開催のお知らせ

 全麺協会報7号に既に掲載しておりますが、平成31年5月25日(土)午後1時から富山県富山市の「富山国際会議場」にて基調講演(公開講座)を開催します。入場無料です。
 受講ご希望の方は、申込書に記入の上、FAX,メール又は郵送にて全麺協事務局にお申込下さい。
*段位認定講習会受講の申込とは異なりますのでご注意下さい。
 
申込書 → 基調講演申込書

「全日本そば大學講座 第2回東日本支部学舎in常陸太田」 1月26日~27日に開催

 一般社団法人全麺協 日本そば大學講座 第二回東日本支部学舎in 常陸太田を、いばらぎ蕎麦会の主管で、平成31年1 月26日(土)~27日(日)に開催しました。副題として、「茨城のそば文化を学び、そばによる地域振興を考える」で、講義内容も地域色豊かな講座が盛りだくさんでした。
 東日本支部の各地から143名が参加、中中日本支部からは赤羽支部長はじめ3名が参加、西日本支部からも1名参加の総勢147名が真剣に受講しておりました。
 受講生の感想は茨城のそば文化を学び、交流会ではいばらき蕎麦の会の皆さまの手打ち蕎麦をけんちんそばで供され、受講生に大評判でした。

報告書 → 第二回そば大學報告