日別アーカイブ: 2018年9月21日

平成30年度東日本支部「地方審査員審査技術研修会」の 開催について(通知)

 日ごろ、全麺協の事業活動にご支援・ご理解を賜り深く感謝申し上げます。
 さて、下記のとおり東日本支部における平成30年度の標記研修会を開催いたします。
 この研修会は、一般社団法人全麺協「素人そば打ち段位認定制度 認定審査員規程」(平成26年5月17日改正)第4条の規定に基づき開催されるものです。
 全麺協の基幹事業となっている段位認定制度が今後も発展していくためには、段位認定審査の信頼性が不可欠であります。
 地方審査員の皆様におかれましては、この研修会を通じて審査精度の向上を図られますようご案内申し上げます。
 この研修会は昨年度は2か所で開催いたしました。
 東日本支部は審査員数が最も多く、1会場では会場の確保等の限界と日程上参加できない方、会場が遠隔で経費負担が多くなってしまう方などの理由から、今年度も支部北会場として郡山市で、支部南会場として千葉県山武2か所で開催することとし、支部北会場は7月22日に実施済です。
 この度支部南会場として千葉県山武市で下記のとおり開催します。
 また、地方審査員は「素人そば打ち段位認定制度 認定審査員規程」(以下「審査員規程」という)第2条3項第2号「地方審査員の任期は、5年間とし、更新を希望する場合はその時点で手続きをしなければならない。」さらに同項第4号で「前号の更新手続きをする場合は、各支部で開催する「地方審査員審査技術研修会」(以下「技術研修会」という)の研修を5年間で3回以上の受講を終了し、再度活動状況についての書類審査を受けるものとする。」と規定されておりますのでご留意ください。(末尾規程抜粋参照)
 なお、全国審査員は審査員規程でこの研修会の受講義務が課せられていませんが、指導的立場から研修会を受講していただきたくご案内申し上げます。

30年度審査員研修会(山武) 通知(Word)
30年度審査員研修会(山武) 通知(PDF)

第10回支部会員そば打ち交流千葉大会ご案内

 (一社)全麺協東日本支部は、支部内会員の親善・交流を活発化し、日本の伝統食文化である“手打ちそば”の普及・啓発、さらには、そばによる地域振興を促進し、もって、(一社)全麺協が目指す、日本のそば食文化の一層の向上に寄与するため、10回目となる会員団体によるそば打ち交流大会を開催します。

第10回支部会員そば打ち交流千葉大会 開催要項(Word)
第10回支部会員そば打ち交流千葉大会 開催要項(PDF)

第11回海外研修 モンゴル国「日本伝統手打ちそば祭り」 開催報告

 今回で11回目となる海外研修として、昨年度に引き続いてモンゴル国を訪問しました。昨年度は民間レベルの交流事業として「日本伝統手打ちそば祭り」を開催しましたが、今年度はモンゴル国食糧農牧軽工業省と国家開発庁の招聘による国家的な事業としての開催となりました。全麺協は「そばによる地域振興」を目指して活動をしていますが、そば食を通して国民の健康増進を図ろうとしているモンゴル国政府に対する支援・交流活動として実施したものです。
 モンゴル国政府の食糧農牧軽工業省大臣から、全麺協が開催した「日本伝統手打ちそば祭り」の功績を称えて、中谷信一理事長に日本人初の「優秀者勲章・勲記」が授与されました。このように、非常に成果のあった「日本伝統手打ちそば祭り」の開催および海外研修につきまして、その概要を速報としてご報告いたします。

1.期 日 : 第11回 海外研修 平成30年9月12日(水)~18日(火) モンゴル国
2.第2回日本伝統手打ちそば祭り
    期 日 : 9月15日(土)・16日(日)
    会 場 : ウランバートル市内 アサ サーカスクローネレストラン前催事場

速報 → モンゴル国にて第2回「日本伝統手打ちそば祭り」を開催

OLYMPUS DIGITAL CAMERA